2006年01月26日

四角いコンサーティーナとバンドネオン

私がコンサーティーナを知ったきっかけは、ネットでフリーの楽譜を探しているうちに、ConcertinaMusic.comにたどり着いたから。でも、ここで紹介しているのはケムニッツ・コンサーティーナ(chemnitzer concertina)という楽器・・・と気づいたのは、だいぶあとになってから。
コンサーティーナの種類は、イングリッシュ・コンサーティーナ(押し引き同音)、アングロ・コンサーティーナ(押し引き異音)、デュエット・コンサーティーナ(右手が旋律、左手がコード用)というものがあって、手に入りやすいのは、イングリッシュまたはアングロという認識でいました。

それで、勢いで、48ボタンのイングリッシュ・コンサーティーナを購入したわけなんですけど、後日、ConcertinaMusic.comを見てみたら、四角いコンサーティーナを持った女性がにんまりと笑っている写真があって・・・これ、どう見ても、バンドネオン・・・? 私が欲しかったのは、バンドネオン・・・? えっ、バンドネオンのことをコンサーティーナって言うの・・・? えーっ・・・! と、パソコンのモニタの前でしばし固まってしまいましたよ。

四角くてたくさんボタンがあるのは、ケムニッツ・コンサーティーナというそうです、はい。いろいろ種類があってなんだか良くわかりませんね。

ちなみに、英語なんですけど、ケムニッツ・コンサーティーナについてのページはChemnitzer Concertina Information。ケムニッツ・コンサーティーナとバンドネオンについて書いてあるページはA brief introduction to Bandoneons & Chemnitzer Concertinas。本当に良く似ていますね。英語に自信があればここでいろいろ書きたいのですが・・・ごめんなさい。

かよさんのblogでも触れていますが、本当に区別つかないですよー。
posted by ほなほな at 20:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。