2006年02月11日

オーラリーを録音してみた

ピアノ伴奏つきで録音してみました。
伴奏つきだと、タイミングが難しいですね。一人で弾いていると、弾けたつもりになっていても、伴奏つけるとどうも遅れてしまう・・・。なんだかぎこちないです。早め早めにボタンとか蛇腹を動かす必要があるのかなぁ・・・。
【関連する記事】
posted by ほなほな at 22:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 録音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サワディ〜カ〜
着実に進んでますねぇ・・・・

>コンサーティーナは、出す音によって、・・・・
前に書いてたけど・・・・一音づつ左右から聞こえてきたけど・・・・我耳を疑った・・・
まさかねぇ・・・、どぉなってんの?

Posted by takoome at 2006年02月12日 00:35
>takoomeさん
そうなんですよ。
楽器に近づけすぎて録音したのもあるのですが、
うちのイングリッシュコンサーティーナは、左右から音が出ます。
たとえば、ピアノでいう真ん中のドは、左手のボタン、レは右手のボタン、ミは左手のボタン・・・といった感じで、交互に押していくんですね。ボタン側から音が出る仕組みになっています。
アングロコンサーティーナは、左手が低音、右手が高音といった感じだったと思います。
Posted by ほなほな at 2006年02月15日 10:49
サワディ〜カ〜
あかんわ、それ・・・弾かれないです。

アングロ系しか・・・  ちょっと遊びに行ってきます。練習はお休みです。
Posted by takoome at 2006年02月15日 18:49
>takoomeさん
左右交互って混乱しちゃいます。
ピアノは左が低く、右が高いし、管楽器や弦楽器とも何か感覚が違うんですよね。
アングロは、押し引き異音なので、それもまた、私にとって混乱のもとになりそうです・・・。
いずれにしても、難しいです(^^;
Posted by ほなほな at 2006年02月15日 23:57
検索してきました。いい音ですねー。
伴奏に遅れるのは味のうちじゃないでしょうか?
歌は、たいていアトノリですからね。
Posted by imo at 2010年02月05日 16:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13151774

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。